« 今年初の卓球の日でした。 | トップページ | 成人の日でした。(竹内まりや、薬師丸ひろ子大好き特集) »

2009年1月11日 (日)

今日は日曜日でした。映画「休暇」の感想あり

雪もぱらつく日が多くなってきました。午前中映画「休暇」

を観ました。内容は死刑囚とそれを管理する刑務官のお話

です。刑務官の1人小林薫はかなりの年配なのだが、独身だ。

見合いで子ずれのシングルマザー大塚寧々と結婚すること

になる。一方刑務所では死刑囚西島秀俊の刑の執行が

決まる。3年ぶりの死刑執行。支え役をやれば一週間の休暇

が与えられる。小林はそれを新婚旅行に使おうと考え、上司に

申し出る。絞首刑になって落ちてくる死刑囚を受け止める。

皆が一番嫌がる職務である。デートをするが、子供がなかなか

なついてくれない。電車の座席に向かい合って座る男と女

(小林、大塚)。足と足を意識的に触れ合う。死刑は執行される。

西島秀俊が執行されるまでの人間の姿の変化をリアルに演じ

ている。新婚旅行に来た3人。私と子供のことについて何にも

聞かないのね、関心がないの。と言う大塚。それに答えて小林は

そんな過去のことを聞いてもしょうがないという。その後、氷が

解けるように2人は身体を重ねあう。

被害者の家族の気持ちはあると思います。ですが

刑務所のなかで生きている西島は小林に結婚のお祝いに

似顔絵を贈り、音楽を聴きたいと言う。そこにはささやかだが

生がある。それが、突然奪われることの残酷さも感じました。

3人の家族の幸せと対比して観せてくれた。

(敬称略)

主演、小林薫、西島秀俊、大塚寧々、大杉漣、柏原収史

原作、吉村昭「蛍」よりQka_main1_4   監督、門井肇

午後からは「家族を楽しむ大人力養成セミナーPART1」

「絵本&おてて絵本よみまショー」「パパが変わる!

パパを変える!」に参加しました。詳しくは書けませんが

4人の(司会者を含む)パネリストの羨ましくなるような名パパ

ぶりを聞かされ、複雑な気持ちでした。でも自分もやったよな

完璧でなくてもと思いました。現代は家族から見捨てられる

父親がものすごく増えている。だから父親を支援する

と言う主旨のようです。女性向けは多いが、男性向けは

珍しい。明日は「家族を楽しむ大人養成セミナーPART2

「家族を楽しむ大人力って?」を聞いてきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへランキングに参加しています。よろしければクリック願います。

フォトアルバム

10月22日発売馬場俊英さんの「いつか君に追い風が」を聴くことができますhttp://jp.youtube.com/watch?v=ScuvV4EikZ0

|

« 今年初の卓球の日でした。 | トップページ | 成人の日でした。(竹内まりや、薬師丸ひろ子大好き特集) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は日曜日でした。映画「休暇」の感想あり:

« 今年初の卓球の日でした。 | トップページ | 成人の日でした。(竹内まりや、薬師丸ひろ子大好き特集) »