« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月29日 (月)

三谷幸喜作品で最高に出来のいい映画は「ラヂオの時間」です

後期の作品は観ていないですが、デビューから何本かは

観ましたが、1997年のデビュー作「ラヂオの時間」

を超える作品は残念ながらありません。今見ても楽しい

作品です。それは何故か少し探ってみます。

刑事ものの映画、ドラマばかりがあふれる最近ですが、

三谷作品には現実感がありません。舞台化されたものを

映画にしています。成功した映画はこの現実感のなさを

ぐっと凝縮させて一つの世界を作り上げて現実逃避させてくれ

好い気持ちで映画館を出る事ができました。仕掛けが色々

されておりラストはラヂオドラマの演出家とプロデューサ―の

立ち話からエンディングの歌に入ります。映像による出演者の

紹介も同時に入ります。

主役が2人いてプロデューサ―の西村雅彦、と演出家の唐沢寿明

作家鈴木京香、役者戸田恵子、細川俊之、井上順、編成局長及び

エンデイングの歌布施明

トレーラーの運転手渡辺謙、ゲスト桃井かおり、佐藤B作

撮影監督高間賢治

今見ても大笑いです。刑事ものに飽きている方にお勧めです。

追伸:我が家では唐沢寿明さんをウッディーと呼びます。

何故か分かりますか、子供達が幼い頃に「トイ・ストーリー」

を観てたからです。所ジョージさんはバズ・ライトイアーでした。

2人は声で共演してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

リオ五輪卓球女子団体銅メダル福原愛選手のこと

福原についの記事が少ないないので、一言。

彼女は優しいと思います。卓球については、


 
足を引っ張ったと泣いていたが、

そんなことはないと思います。

彼女の貢献は大きいのでは。

キャプテンとしての気配りもした。

強い選手を3人揃えれば銅メダルを獲れるのではない。

伊藤の面倒も見ていましたし。

卓球以外でも宮城の震災の支援を1人でしていたらしいし

。優しすぎて対人競技に向かないかなと心配になります?

でも優しさはこれからの財産になります。

これからは、日本に拘らず、世界を相手にしてやって

欲しいですね。本人は分かっているとは思いますが。

もしかすると、台湾の監督で出てくる日も

来るかもしれませんね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

リオ五輪男子卓球団体銀メダルおめでとうございます。

中国との決勝戦第2シングルス水谷VS許キン(シューシン)との

5ゲーム目2-2の7-10での絶体絶命からの水谷の

12-10での逆転勝ちは凄いですね。さすが水谷選手。

許キンは体が大きいですね。

参考)○水谷隼27歳、世界ランク最高5位、シェークハンド左きき

172cm、66㎏

○許キン(シューシン)26歳、世界ランク最高1位、中国式

ペンホルダー左きき、181cm、75㎏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

リオ五輪男子卓球シングルス水谷隼選手銅メダルおめでとうございます。

テレビにテロップが流れその後にすぐにニュースがありました。
水谷選手が日本人卓球初のメダルを取ったからです。
初ですから前人未踏、悲願のメダルです。
私も卓球をやっている1人として、注目していました。対人競技
なので、ハラハラドキドキして観ていました。結果は良かった
と思いました。本人の苦労も報われたのではと思います。
団体戦も頑張って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »