« 映画「散歩する侵略者」 | トップページ | 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール・の良さ »

2017年9月26日 (火)

黒沢清監督のこと

出演者は演技のうまい人を起用する傾向がある。

長澤まさみは初起用で、冒険だけど成功して

いると思います。

なにより超美しくグラマラスです。監督としては、

長澤を走らせたかったと思う。胸が揺れますからね。

フェデリコ・フェリーニが「甘い生活」

(カンヌパルムドール受賞)で起用した、

若き日のアニタ・エクバーグ(ゥエーデン出身

ゴールデングローブ賞新人賞、83歳で没)を彷彿

とさせます。

沢作品はホラーとそれ以外に分かれています。

私がみたもので好きな作品を紹介します。

ホラー:

1位 叫び、2006(役所広司、小西真奈美)、

2位 CURE、1997(役所広司、萩原聖人、萩原は

山田洋次監督の秘蔵っ子であった。)

3位 LOFT、2005(豊川悦司、中谷美紀)

4位 蜘蛛の瞳、1998((哀川翔

5位 カリスマ、2000(役所広司) 

以上写真の順番と同じ

それ以外:

散歩する侵略者、2017(長澤まさみ、松田龍平、

長谷川博巳)

甘い生活 アニタエクバーグ

Photo

叫び

Photo_2

CURE

Cure

LOFT
Loft

蜘蛛の瞳
Photo_3

カリスマ

Photo_4

|

« 映画「散歩する侵略者」 | トップページ | 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール・の良さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520291/65839330

この記事へのトラックバック一覧です: 黒沢清監督のこと:

« 映画「散歩する侵略者」 | トップページ | 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール・の良さ »