« TBS「あにいもうと」,映画「ブラック・ブック」を観て,映画男はつらいよ最新作撮影開始、2019年12月公開です | トップページ | 常識じゃいい映画は撮れない。 「散り椿」完成木村大作監督 ・「カメラを止めるな」を見て感じたこと »

2018年6月30日 (土)

映画「女と男の観覧車」ウディ・アレン作品、江波杏子さんがお亡くなりになりました

女と男の観覧車2017(Amazon studio)
また、観たくなる作品です。ラストのケイト・ウインスレットの
人間が壊れていく様な演技は凄まじくてテネシー・ウイリアムズ
の映画「欲望という名の電車」のビビアンリーのようでした。
タイタニックではあまりぱっとしなかったケイトがこんな演技を
身につけていたとは。
(追記)

監督の持ち味は有るものだが、アレンの

場合は無いように思う。但し、他の監督

や作家に影響されているみたいだ。例えば、

スウエーデンのベルイマン監督の魔術師、

叫びとささやき、ファニーとアレクサンドラ、

アレンにも似た作品があった気がする。

、ベルイマンの作品は色彩が綺麗です。カメラは

スベン・ニクビストです。

アレンが一番好きなベルイマン作品は「第七の封印」

だそうだ。アレンもカメラにこだわって、ストラーロを

起用したのか。

テネシー・ウイリアムズは舞台作家で欲望という名の電車

を手掛けています。

今回の作品はこれの影響を受けていますね。

監督はエリア・カザンで女と男の観覧車は、

主演のビビアン・リーがケイトですね。

本作は、まだ救われている気がします。

●監督、脚本:ウディ・アレン(カイロの紫のバラ他)
●撮影:ビットリオ・ストラーロ(イタリア出身、イタリア時代
はベルナルド・ベルトルッチの作品を手掛ける、
ゴッド・ファーザー、地獄の黙示録、レッズ、
ラストタンゴ・インパリ、、ラスト・エンペラー、
シェリタリング・スカイ)太作が目立ちます。
女と男の観覧車は映像はきめが細かい
ですね。
アレンがストラーロを起用したのには
驚きました。超大作が多いです。
●出演:ケイト・ウインスレット、妻(タイタニック)、ジャステン・
テンパーレイク、妻の恋人、ジュノー・テンプル、義理の娘、
ジム・ベルーシ、夫
2018630_2
上、ケイト・ウインスレット
下、ジュノー・テンプル
● 江波杏子さんについて。 江波杏子さんがお亡くなりになりました。 大映時代は女賭博しの役で一時代を築きましたが、 大映の主流は座頭市と眠狂四郎だと思っておりました。 あまり見ておりませんでした。私が江波さんで記憶に 残っている作品は松竹の映像派斉藤耕一監督がATG (日本アート・シアター・ギルドで制作をした「 津軽じょんがら節」です。1973年に制作されて キネマ旬報の最優秀監督賞、最優秀主演女優賞等を 採りました。お話は都会に疲れた男女が故郷津軽に 帰ってくるがそこでも幸せになれないと言うお話しでした 。主演を江波杏子さんがやられております。 監督や江波さんの代表作になったと思います。 本当に江波さんは、はまり役でした。もう一度見たいです。 45年前の作品ですが、アマゾンでDVDが出ていますね。 1_4 12018112_6

|

« TBS「あにいもうと」,映画「ブラック・ブック」を観て,映画男はつらいよ最新作撮影開始、2019年12月公開です | トップページ | 常識じゃいい映画は撮れない。 「散り椿」完成木村大作監督 ・「カメラを止めるな」を見て感じたこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520291/66886221

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「女と男の観覧車」ウディ・アレン作品、江波杏子さんがお亡くなりになりました:

« TBS「あにいもうと」,映画「ブラック・ブック」を観て,映画男はつらいよ最新作撮影開始、2019年12月公開です | トップページ | 常識じゃいい映画は撮れない。 「散り椿」完成木村大作監督 ・「カメラを止めるな」を見て感じたこと »