« TBSドラマ特別企画「あにいもうと」 | トップページ

2018年6月30日 (土)

映画「女と男の観覧車」82歳ウディ・アレン監督作品

女と男の観覧車2017(Amazon studio)
また、観たくなる作品です。ラストのケイト・ウインスレットの
人間が壊れていく様な演技は凄まじくてテネシー・ウイリアムズ
の映画「欲望という名の電車」のビビアンリーのようでした。
タイタニックではあまりぱっとしなかったケイトがこんな演技を
身に着けていたとは。
(追記)

監督の持ち味と言うものは有るものだが、ウッデイ・

アレンの場合は無いように思う。但し、他の監督

や作家に影響されているみたいだ。例えば、

スウエーデンのイングマール・ベルイマン監督、

劇作家のテネシー・ウイリアムズ、ベルイマンなら、

魔術師(まじしゃん)、叫びとささやき、

ファニーとアレクサンドラ、私が観た作品です。

岩波ホールで観ました。

感想は緊張感のある作品で、特にモノクロ、

カラーにかかわらずに色彩が息をのむ様に美しい。

中でも、魔術師(モノクロの美しさが最高です)、

ファニーとアレクサンドラ(かなり長かったが、

カラーの美しさが最高)叫びとささやき

(辛い作品ですが、色彩は怖いくらい綺麗です)

、ベルイマンの作品は色彩が綺麗です。カメラは

スウエーデンのスベン・ニクビストです。

アレンが一番好きなベルイマン作品は「第七の封印」

だそうだ。カメラはニクビストではありません。

ニクビストとのコンビ多いです。ハリウッドには確か進出してい

ないです。テネシー・ウイリアムズは舞台作家でビビアン・

リー主演の映画「欲望という名の電車」を手掛けています。

この作品は暗くて、画面も暗いし未来のない作品だと思いました。

監督はエリア・カザンで女と男の観覧車は、

欲望という名の電車に影響を受けているそうだ。

欲望はアカデミー主演女優賞をこれで2回目を受賞の

ビビアン・リー回目は「風と共に去りぬ」で受賞。

欲望の共演はゴッド・ファーザー、地獄の黙示録、

ラストタンゴ・インパリ、波止場、「八月十五夜の茶屋」

の名優マーロン・ブランド八月はダニエル・マン監督、

共演は映画評論家淀川長治等で日本ロケ作品、ブ

ランドは日本人さきに役です。

アレンは本家の欲望と比較すると、サービス精神がある分、

本作は、まだ救われている気がします。

●監督、脚本:ウディ・アレン(カイロの紫のバラ他)
●撮影:ビットリオ・ストラーロ(イタリア出身、イタリア時代
はベルナルド・ベルトルッチの作品を手掛ける、
ゴッド・ファーザー地獄の黙示録、レッズ、
ラストタンゴ・インパリ、、ラスト・エンペラー、
シェリタリング・スカイ)大作及びブランドの主演作が
目立ちますね。女と男の観覧車は意外ときめの細かい
映像に思いました。
アレンが重厚な作品を撮ってきたストラーロを起用したのには
驚きました。初めての起用ですかね。
●出演:ケイト・ウインスレット、妻(タイタニック)、ジャステン・
テンパーレイク、妻の恋人、ジュノー・テンプル、義理の娘、
ジム・ベルーシ、夫
2018630_2
2201863012018712201871
上、ケイト・ウインスレット
下、ジュノー・テンプル

|

« TBSドラマ特別企画「あにいもうと」 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520291/66886221

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「女と男の観覧車」82歳ウディ・アレン監督作品:

« TBSドラマ特別企画「あにいもうと」 | トップページ