« TBSドラマ特別企画「あにいもうと」 | トップページ

2018年6月30日 (土)

映画「女と男の観覧車」82歳ウディ・アレン監督作品

女と男の観覧車2017(Amazon studio)
また、観たくなる作品です。ラストのケイト・ウインスレットは
テネシー・ウイリアムズの映画「欲望という名の電車」ビビアン
リーが演じた、人間が壊れていく様のようでした。
(追記)

監督の持ち味と言うのは有るものだが、ウッデイ・

アレンの場合は無いように思う。但し、他の監督

や作家に影響されているみたいだ。例えば、

スウエーデンのイングマール・ベルイマン監督、

劇作家のテネシー・ウイリアムズ、ベルイマンなら、

魔術師(まじしゃん)、叫びとささやき、

ファニーとアレクサンドラ、私の観た

感想は完璧で彫刻のように削った映像でした。

そして剝き出しの人間を描いていて、ちょっと辛い。

ベルイマンはこのような作品が多い。

テネシー・ウイリアムズはビビアン・リー主演の映画

「欲望という名の電車」を観ましたが、これも暗くて

未来のない作品だ。女と男の観覧車は、欲望という名

の電車の影響を受けていると思うが、アレンは本家に

比較すると暗くなく、暗いのですけれど、楽しめるよう

に作ってあるように思う。再度、観たくなるのはアレンの

サービス精神が旺盛だからなのか。

●監督、脚本:ウディ・アレン(カイロの紫のバラ他)
●撮影:ビットリオ・ストラーロ(イタリア出身、イタリア時代
はベルナルド・ベルトルッチの作品を手掛ける、
ゴッド・ファーザー地獄の黙示録、レッズ、
ラストタンゴ・インパリ、、ラスト・エンペラー、
シェリタリング・スカイ)大作が目立ちますが、
必ずしもそうではありません。
そうでなければ、女と男の観覧車は撮れません。
今回はかなりきめの細かい映像に思いました。
コッポラ監督と同じカメラマンを起用するなんて驚きました。
●出演:ケイト・ウインスレット、妻(タイタニック)、ジャステン・
テンパーレイク、妻の恋人、ジュノー・テンプル、義理の娘、
ジム・ベルーシ、夫
2018630_2
2201863012018712201871
上、ケイト・ウインスレット
下、ジュノー・テンプル

|

« TBSドラマ特別企画「あにいもうと」 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520291/66886221

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「女と男の観覧車」82歳ウディ・アレン監督作品:

« TBSドラマ特別企画「あにいもうと」 | トップページ