2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月21日 (土)

連続TVドラマ「凪のお暇」全10回、映画「ゴジラVSビオランテ」

原作:コナリミサト

脚本:大島里美(恋するハエ女、大河・草燃える)

演出:土井裕泰外

出演:大島凪・黒木華(はる)、我聞慎二・高橋一生

、安良城ゴン・中村倫也、坂本龍子・市川実日子、

吉永綠・三田佳子、ママ・武田真治、

白石うらら・白鳥玉季

エンデイング:miwa「リブート」

製作:TBS

921_20190921223701

黒木華(はる)

京都造形芸術大学映画学科俳優コース卒業

2010年舞台デビュー「ザ・キャラクター」

2011年映画デビュー「東京オアシス」

2012年TVドラマデビュー「純と愛」

演劇の全国的名門追手学院高校で演劇部に所属し、

1年時から3年間主役を務めていた。大学在学中に

野田秀樹、蜷川幸雄などの舞台作品に出演し、

演劇界の期待の新人として注目を浴びる。

 

921

 

2921

 

1921

うらら、白鳥玉季

Lg_o6kcbc8ai77a5xm4k3m

映画「ゴジラVSビオランテ」

脚本・監督:大森一樹(ゴジラVSキングギドラ、オレンジロード急行、

ヒポクラテスたち)

特撮監督:川北絋一

撮影:加藤雄大、特殊撮影:江口憲一

音楽:すぎやまこういち、伊福部昭(ゴジラのテーマ)

製作:田中友幸

出演:高嶋政伸、小高恵美、峰岸徹

、三田村邦彦、田中好子、高橋幸治

、沢口靖子

、ゴジラ(スーツアクター)・薩摩剣八郎

東宝映画平成元年作品

大森一樹監督

京都府立医科大学医学部卒業、高校の時から映画監督を目指して、自主映画を製作し、

大学時代に完成させた16ミリ映画「暗くなるまで待てない!」がキネマ旬報ベスト10

の21位に入るなど高く評価される。

1977年に脚本「オレンジロード急行」が城戸賞を受賞する。翌年「オレンジロード

急行」を松竹で大森の監督で映画化し商業映画にデビューをする。

自主映画作家が助監督経験なしで大手撮影所でいきなり監督をつとめるムーブメント

として、話題をよぶ。まったくのアマチュアでありながらメジャー松竹作品で脚本、監督した

大森の事例は際立っており、今日に至るまで類例がない。

1980年自身の大学病院時代を舞台にした映画「ヒポクラテスたち」で映画作家としてブレイクする。

ゴジラ映画にかんしては本作と1991年の「ゴジラVSキングギドラ」(脚本も)

の2本を監督している。その他にゴジラ映画の脚本を3本書き、内1本は未製作である。

現在は、大阪芸術大学芸術学部映像学科教授・学科長をつとめる。日本映画監督協会理事でもある。

 

1922

 

PS:

今回、映画を観て感じたこと。色のメリハリがハッキリしている、絵画的である。

フィルムとデジタルの違いかもしれません。

日本の現在は、デジタル撮影が95%でフィルム撮影は5%と言われています。

邦画でフィルム撮影に拘っているのは是枝裕和監督の作品「海街ダイアリー」「そして父になる」

そして、山田洋次監督、本年12月公開予定の山田監督の最新作「男はつらいよ・お帰りなさい寅さん」

はフィルム撮影だと思われます。楽しみです。

 

 

 

2019年9月12日 (木)

映画「東京裁判」4Kデジタルリマスター版

監督・脚本:小林正樹(人間の條件、切腹)

   監督補佐・脚本:小笠原清(デジタルリマスター版監修)

ナレーター:佐藤 慶

音楽:武満 徹(切腹)、編集:浦岡敬一(化石、燃える秋)

ネガ編集:南 とめ

録音:西崎英雄(泥の河)

初公開1983年6月4日、デジタルリマスター版公開2019年8月3日

モノクロ、 277分

製作会社:講談社

Tokyosaiban_201907_16_fixw_640_hq

  佐藤 慶

Tokyosaiban_201907_15_fixw_640__20190912224701

 東條 英機

 Tokyosaiban_20190327_fixw_640_hq

 荒木 貞夫

Tokyosaiban_201907_04_fixw_640__20190912224701

2019年9月 1日 (日)

映画「ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲」、映画「旅のおわり世界のはじまり」

 

 

 原案・脚本・監督:才谷 遼

編集:川島章正(愛を乞う人、おくりびと)

出演:隆 大介(影武者、峠の群像)

寺田 農(津軽じょんがら節、ラブホテルでヨコハマ

映画祭主演男優賞、天空の城ラピュタのムスカ大佐の声)

デコウト ミリ、慶徳優菜、

原知佐子(岸辺のアルバム)、田村奈己(キーハンター)

桜井浩子(ウルトラマンのフジアキコ隊員)

外波山文明、山谷初男、柳澤真一(奥様は魔女のダーリンの声)

宝田 明(ゴジラシリーズ、平四郎危機一発、ダンスウィズミー)

ps:滅茶苦茶な映画だが、現実の方がもっと滅茶苦茶だと思う。

(パンフより)

日本を支えてるのはひょっとすると、60代から80代かもしれないと

映画を観て思いました。

寺田 農さんのお話:僕がこの映画が何故好きかって言うと、

この監督は、客のためにやってないところが良いなって

~別に客なんて相手にしていない。

今の映画、映画だけではないですが。つまらないのは、あまりにも

お客に問いかけすぎている。そう思わない?と、だから、

映画とか文学がつまらなくなっている。

もっと自分の書きたいものを書けば良い。それが、

客って者を相手にしすぎている。

だから、これからはね自分のやりたいことをやれば良い。

~それが日本映画の突破口になるんじゃないかなと。

少なくとも製作委員会システムと言うのが、日本映画と

言うものを駄目にしたというのがあるわけですから。

(パンフより)

91_20190912002601

 

「旅のおわり世界のはじまり」

脚本・監督:黒沢清

撮影:芦澤明子

出演:前田敦子、染谷将太、柄本時生

、アディズ・ラジャボフ(ウズベキスタンの国民的スター)

、加勢亮

ウズベキスタン・日本国際共同製作映画

全編ウズベキスタンロケ

299_20190912000401

 

 

アディズ・ラジャボフ

 

299_20190912002001

 

前田敦子

199_20190912002201

 

 

 

 

499_20190912002301

 

399_20190912002301

 

599_20190912002301

 

 

 

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »