2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 映画「愛を読むひと」 | トップページ | 深作欣二監督監督が残してくれた作品「軍旗はためく下に」、今この映画が必要だと思います。 »

2020年7月 2日 (木)

五社英雄の映画「鬼龍院花子の生涯」の仲代達矢・映画「櫂」の緒形拳どちらが上手い俳優なのか?

五社英雄の映画「鬼龍院花子の生涯」の仲代達矢・映画「櫂」の緒形拳どちらが上手い俳優なのか?

私にとってはと言う事になります。まず2つの作品を比べてみます。

仲代達矢・夏目雅子↡

172

緒形拳・名取裕子↡

172_20200702023001

 

 

映画「鬼龍院花子の生涯」     映画「櫂」

監督:五社英雄          監督:五社英雄

原作:宮尾登美子         原作:宮尾登美子

脚本:高田宏治          脚本:高田宏治

音楽:菅野光亮          音楽:佐藤勝

撮影:森田冨士郎         撮影:森田冨士郎

美術:西岡善信          美術:西岡善信

照明:増田悦章          照明:増田悦章

出演:鬼龍院政五郎・仲代達矢      出演:富田岩伍・緒形拳   

   松恵・夏目雅子           富田喜和、岩伍の妻・十朱幸代  

少女時代の松恵・仙道敦子         菊・石原真理子

政五郎の妻歌・岩下志麻          竜太郎・井上純一 

   花子・高杉かおる          健太郎・田中隆三

花子の母つる・佳那晃子          綾子(子役)・高橋かおり 

政五郎の妾・牡丹・中村晃子        大貞・草笛光子

政五郎の妾笑若・新藤恵美         染勇・名取裕子

政五郎一家相良・室田日出男        巴吉・真行寺君枝

政五郎一家 兼松・夏八木勲        松井照・白都真理

田辺恭介、松恵の恋人・山本圭       喜和の兄・ハナ肇

近藤、土佐電労組委員長・役所広司     庄・左とん平

       秋尾・夏木マリ       女中・藤山直美 

製作会社:東映・俳優座映画放送      製作:東映

     公開:1982年6月5日      公開:1985年1月15日

        上映時間146分        上映時間134分

        配給収入11億円        配給収入7億5千万円

 

◎仲代達矢                  ◎緒形拳 

     俳優座1955年~1979年       新国劇入団1958年~1968年

     無名塾1979年~          ○観劇した芝居

    舞台は全て仲代が主演です。      北斎漫画1975年(紀伊國屋ホール)

   平幹二朗によれば、仲代と同じ      淫乱齋英泉1975年(紀伊國屋ホール)

劇団に居る限りハムレット役はやれない。    緒形の舞台は地味だった。目立った演技          

      自分はホレーショ停まりだ。    をするというより、舞台で生きている人だ。

         平は才能があったが           

     シェイクスピア劇で花開くのは    ○観た映画・テレビ

       劇団四季に移ってからです。   「砂の器」・野村芳太郎、共演丹波哲郎

     1人だけが主役を独占することは       加藤嘉、

            良いことではない。  「八甲田山」・森谷司郎、共演高倉健

         ○観劇した芝居                  北大路欣也

     1975年「令嬢ジュリー」西武劇場   「火宅の人」・深作欣二、 

        1975年「どん底」東横劇場   「あつもの」・池端俊作

 1977年「ジュリアス・シーザー」東横劇場   「武士の一分」・山田洋次、共演木村拓哉、 

     1978年「オイデプス王」                      檀れい

  1990年「シラノド・ベルジュラック」            テレビ

                               「太閤記」NHK

   仲代の演技に違和感を覚えたのは相手の    「源義経」NHK

    台詞を聞いて、反応していないように    「女と味噌汁」共演池内淳子

              見えたのです。    

                                「タクシーサンバ・山田太一シリーズ」

      そんなことを誰も指摘しないし、       映画「男はつらいよ」の山田洋次は

   文句を言わないのですが、その違和感が    渥美清と倍賞千恵子は天才だ。どんな

  現在まで続いています。演劇には1人芝居   台詞を投げてきても的確にキャッチボ

  と言うジャンルがあります。それであれば   ールがお互いにできる。他の役者は一

    問題ないです。仲代は常に一人芝居を     生懸命に相手役に思いを伝えてもらうしかない。

やっているのでしょうか。演劇の基本は相手の    なり振り構っていられないと言っています。山田は

   台詞を聞くことです。これが難しいです。    仲代を使っていない。多分仲代が出演していたら、

  自分の台詞しか覚えない人には無理なのです。  撮影は停まってしまうと思う。相手の台詞に反応し

演劇関係者に聞いた話ですが、仲代の演技方法に    下さいと言うと思うが、出来ないと思う。山

    異論のある俳優さんはいるとのことです。   田の演技指導は厳しい。やってみせるので、 

   相手の台詞に反応していないし、一人芝居    そのまま真似してください。となる。

  していると言う事らしいです。思っていても      緒形はそれは言われないです。出来ていると思いま

        誰も仲代には言えないのですね。     す。 仲代の出演作には平凡な役がないです。

   映画「鬼龍院花子の生涯」で感じた事は舞台での    緒形は平凡な役が殆どで、変わった役が

      演技方法をそのままやっていると思いました。    時々です。人を感動させる役者は緒形 

    それでも、そこそこの良い演技に見えてしまうのは    と言う事になります。勿論ちまたで

       映画の作り方に負う所が有る。映画の撮影は    の評価は仲代も高いのであくまでも 

     細かいカットを撮って行く。それを編集で繋いで      私の個人的な評価です。

       ゆき作品にする。仲代に合っているのが映画

      です。相手の台詞を聞いていようが、いまいが

      編集でどうとでもなるのです。カットで面白い

       演技が出せるのかが勝負になります。仲代は

       舞台で散々やっていますから、これは得意です。

  ○観た主な映画

  「炎上」市川崑、共演市川雷蔵

「切腹」小林正樹、共演三國連太郎

 「上意討ち拝領妻始末」小林正樹、

   共演加藤剛・司葉子

  記憶に残る作品が少ないです。市川、小林

  は巨匠です。演出力の凄さだと思います。

テレビドラマの出演はないようです。

 

« 映画「愛を読むひと」 | トップページ | 深作欣二監督監督が残してくれた作品「軍旗はためく下に」、今この映画が必要だと思います。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「愛を読むひと」 | トップページ | 深作欣二監督監督が残してくれた作品「軍旗はためく下に」、今この映画が必要だと思います。 »