日記・コラム・つぶやき

2018年6月30日 (土)

映画「女と男の観覧車」82歳ウディ・アレン監督作品

女と男の観覧車2017(Amazon studio)
また、観たくなる作品です。ラストのケイト・ウインスレットは
テネシー・ウイリアムズの映画「欲望という名の電車」ビビアン
リーが演じた、人間が壊れていく様のようでした。
(追記)

監督の持ち味と言うのは有るものだが、ウッデイ・

アレンの場合は無いように思う。但し、他の監督

や作家に影響されているみたいだ。例えば、

スウエーデンのイングマール・ベルイマン監督、

劇作家のテネシー・ウイリアムズ、ベルイマンなら、

魔術師(まじしゃん)、叫びとささやき、

ファニーとアレクサンドラ、私の観た

感想は完璧で彫刻のように削った映像でした。

そして剝き出しの人間を描いていて、ちょっと辛い。

ベルイマンはこのような作品が多い。

テネシー・ウイリアムズはビビアン・リー主演の映画

「欲望という名の電車」を観ましたが、これも暗くて

未来のない作品だ。女と男の観覧車は、欲望という名

の電車の影響を受けていると思うが、アレンは本家に

比較すると暗くなく、暗いのですけれど、楽しめるよう

に作ってあるように思う。再度、観たくなるのはアレンの

サービス精神が旺盛だからなのか。

●監督、脚本:ウディ・アレン(カイロの紫のバラ他)
●撮影:ビットリオ・ストラーロ(イタリア出身、イタリア時代
はベルナルド・ベルトルッチの作品を手掛ける、
ゴッド・ファーザー地獄の黙示録、レッズ、
ラストタンゴ・インパリ、、ラスト・エンペラー、
シェリタリング・スカイ)大作が目立ちますが、
必ずしもそうではありません。
そうでなければ、女と男の観覧車は撮れません。
今回はかなりきめの細かい映像に思いました。
コッポラ監督と同じカメラマンを起用するなんて驚きました。
●出演:ケイト・ウインスレット、妻(タイタニック)、ジャステン・
テンパーレイク、妻の恋人、ジュノー・テンプル、義理の娘、
ジム・ベルーシ、夫
2018630_2
2201863012018712201871
上、ケイト・ウインスレット
下、ジュノー・テンプル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

TBSドラマ特別企画「あにいもうと」

脚本:山田洋次

原作:室生犀星
演出:清弘誠
出演:大泉洋(赤座伊之助)・宮崎あおい(赤座桃子)
笹野高史(父)・波乃久里子(母)・大賀(小畑)
あにいもうとは沢山作られていますが、時代によって
評価は違うと思います。
U6ln6dm6dnj3lbj42018628
Dsc_0164_fixw_640_hq32018628

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

テレビ朝日男同士の愛を描く異色の土曜ナイトドラマ涙なしではみれない「おっさんずラブ」

深夜なのに視聴率が良いと聞きました。

週の1位だそうです。

コメデータッチですが、愛することに男女
の区別はない。今を大事に生きること。
そのためには恥ずかしいもないと描いています。
相手を思いやる心は、男女とも変わらないのです。
ここがこのドラマの好きなところです。涙が出ます。
異色の作品ですが、ある意味まっとうです。
男達の出演者がとても良いです。
話も進み、いよいよ、6月2日が最終回です。話の進み
具合からして、春田と牧はよりを戻せるのか、部長は
どうなるのかちょっと、見るのが怖い気もします。
社会人の娘も同じことを言っておりました。おちゃらけで
突っ走らない真面目なところが好きだと言っておりました。
牧役の林遣都君演技が本当に上手です。林君は中学生の
修学旅行で、渋谷駅でスカウトされたそうだ。映画「バッテリー」
で主演デビュー。
6月2日最終話が無事終了した。寂しい気持ちだ。ネタバレが
有りますので、注意してください。まず、視聴者の気持ちを
裏切らないでくれて良かったです。春田は牧と一緒でなくちゃ
春田は鈍感な奴だけど、最後に自分の本当の気持ちに気付く
ところは鋭い。男同士でも、きれい事ではないのだ。部長ですら、
牧の春田へのメールを無視してしまうのは恋ゆえか。
最終回は部長の出番が多く、その分、牧の出番が減って
淋しかった。色々と勉強になったドラマでした。役者さんも滅茶
苦茶上手すぎました。田中圭さんがここまで、はちゃめちゃの
演技をやるとは驚いた、、真島秀和さんは、はまり役、林、吉田
は期待通り上手いし、格好良い。
クランクアップで泣くのも分かるな。自分の代表作のドラマかも
しれませんもの。同じようなドラマが多い中で、唯一健闘し面白く
見させていただきました。我々にもエールを頂いたのだと
勝手に思っております。続編もありますか。期待しています。
出演:春田創一(田中圭)牧と付合っていたが破綻した
    牧凌太(林遣都)
    黒澤武蔵(吉田鋼太郎)妻と離婚、春田に思いを寄せている
6438451_full_a485444fdd7143c49e4_2
6596828_wide_6b60b3f8598242ec944ea5201852032018520 201863_5201863_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

元AKB前田敦子主演のニート映画「もらとりあむタマ子」

監督:山下敦弘・2013

脚本:向井康介
主題歌:「季節」、星野源
出演:前田敦子(タマ子)・康すおん(父)
・富田靖子
6201842732018427 22018427_2 42018427
この役の前田敦子が好きになりました。
ニートの役をAKBのセンターにやらせるのですから。
武曲と言う剣道暴力映画でも主人公(綾野剛)に犯される恋人役が
前敦でしたよ。滅茶苦茶可愛い子だと思うが監督は汚れ役を
意図的に遣らせているみたいだ。きれいきれいしてる役よりか、
本人的にも、好きなんでしょうか。もしそうなら、前敦が
益々好きになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

映画「われに撃つ用意あり」若松孝二監督・日本の宝原田芳雄

監督:若松孝二・1990年

出演:原田芳雄・桃井かおり
室田日出男・蟹江敬三・山谷初男
石橋蓮司・麿赤児
主題歌:「新宿心中」原田芳雄・音楽:梅津和時
Photo

 

日活映画「反逆のメロデー」が原田さんの主演デビュー作でした。

監督は日活の若手澤田幸弘さんでした。若さが溢れていました。

原田さんの存在感はこのころから抜群でした。

 

若松監督が新宿を舞台にアクション映画を作っていました。

それが「われに撃つ用意あり」です。ラストシーンは

新宿歌舞伎町、もうない新宿コマ劇場でしたか。

新宿西口の映画の看板も目立ちました。映画が力をもっていた

時代でした。

 

日活映画に対抗していると思わせるような作品でした。

若松映画「実録連合赤軍」では原田さんはナレーションをやっていた

のですね。

お互いに尊敬しあっていたのでしょう。

あるいわ、天皇を心酔していた三島由紀夫を映画にしている監督

でもあります。全共闘世代が一番支持していた監督です。

右だ左だはあまり関係なかったのでしょうね。

自分ができなかった生き方を描いているのだと本人は

述べています。

原田芳雄さんですが日本の国宝です。

黒木和雄、若松孝二、と巨匠に愛され、同業者にも

慕われていたと思われます。わたしも個人的に大好きでした。

格好良いです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

「ユーミン×帝国劇場8月31日夏休み最後の日」2012年10月公演

演劇とユーミンの歌がストーリーを引っ張ってゆく。

不思議な感じの舞台です。同じ劇場で約1ヶ月のロングランです。
レコードは持っているし、歌も昔から聞いてます。ユーミン味は
ありますが正直上手くはない、しかしここが大事、体からあふれ
出る感情は伝わってきます。ユーミン最高です。
私らと同じ年代で凄いエネルギーです。芝居の部分では役者さん
達を尊敬しているそうだ。
演出・脚本:松任谷正隆
歌:     松任谷由実
出演:貫地谷しほり・吉沢悠・陽月華       WOWOW
3201849
上右側の陽月華さんは演技身長ともに、申し分なし。宝塚恐るべし
 
1201849 2201849
貫地谷さんは必要な場面でひとりでに涙が流れます。名優です。
1201849_2
下はスイングガール出演時の貫地谷さんです
201849

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

映画「任侠野郎」蛭子能収主演の正当派任侠映画

蛭子さんて、何者なんでしょうか。TVのバラエティ

で、いじられて照れ笑いしている印象しかないですけど。
この映画で高倉健の役どころを演じて、まあまあですよ。
監督:徳永清孝 脚本:福田雄一
出演:挿入歌:蛭子能収 大悟(千鳥)
柳楽優弥:安田顕:大谷亮介:佐藤二朗
1201843
32018435201843

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

映画「ブランク13」齊藤工の長編初監督作品は傑作です。

監督:齊藤工 

原作:はしもとこうじ 脚本:西条みつとし
主題歌:笹川美和「家族の風景」
出演:高橋一生・松岡菜優・斉藤工・神野三鈴
佐藤二朗・リリー・フランキー・
テレビドラマと違い台詞で分からせようとしない
。映像で登場人物の気持ちを分からせてくれて最初から
泣けた。演出とは、台詞を上手く言わせることでは
なく、登場人物の内面を観客に伝えることだ。これが演出。
外国で評価される映画は演出が出来ているのだろう。
今回、個性的な役者さんが沢山出ていたが
監督の演出力との勝負だったのでは。次回作も楽しみです。
Burannku3
132

病院の屋上のシーンが良かったな。

13年振りに父(リリー・フランキー)に会いに病院へ

行く二男(高橋一生)2人で屋上へ、

「タバコをくれ」と父「おまえも吸うのか」「もう1本くれ」

とせびる父、息子は全部父にタバコを投げつける。

借金まみれの父、家族を捨てた父、昔の思い出が蘇る。

父「長男の仕事は」「大手広告代理店に勤めている」

「あんたみたいになりたくないからだって」父「おまえは」

「現金輸送車」「へー変わってんな。」「そんな仕事が

したかったのか」「俺さ、ずっと甲子園の予選見てたんだよ、

お前が出てくるかと思ってさ、だけど出てこなかったな」

キャッチボール、父と2人でやった思い出。父への気持ちが

和らいでゆく息子。内面の気持ちの変化を描く、

これが演出です。凄い監督が出てきたもんです。ただし、

映画としては良く出来ているということです。綺麗すぎ

13年間も何をしていたのでしょうね父は。

私の家庭を見ると子供が出来れば夫はもういらない

と言わんばかりの疎外感、子供達も妻にべったりの現実です。

死ぬにも死ねないですしね。良い映画の後の地獄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

映画「去年の冬、きみと別れ」、サスペンス大作です。「べっぴんさん」の土村芳さんが盲目の恋人役を好演しています。

題名とは違い、とてもショッキングなサスペンス大作です。

監督:瀧本智行

出演:岩田剛典・北村一輝・斉藤工・土村芳(かほ)主人公の
盲目の恋人・浅見れいな・山本美月
岩田剛典:歴
生誕:1989年3月6日(29歳)
出身地:愛知県名古屋市
学歴:慶應義塾大学法学部卒
職業:ダンサー・俳優
共同作業者:三代目J SOUL BROTHERS EXILE
人物:父は名古屋の革靴メーカーマドラスの社長
    大学のダンスサークルの同期に名古屋テレビ
    アナウンサー徳重杏奈がいる。
映画:植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016)高畠充希
    とダブル主演
1
3
以下 土村芳(かほ)さんです。本作の演技で注目した
女優さんです。すでに、NHK朝ドラべっぴんさんで活躍
されています。これから、知名度が上がると思います。
略歴:

 

出身:岩手県盛岡市

 

名前:父方の祖父の画家土村芳香より1字もらう。

 

特技:特に小学2年生からやっていた新体操で

インターハイに出場する。

 

大学:京都造形芸術大学映画学科俳優コースを卒業する。

 

活躍している卒業生を称える賞の第一回の受賞者

 

在学中から同大学の教授である林海像監督作品に数多く

出演する。

 

大学の先輩に野田秀樹の舞台で既に活躍していた、

黒木華(はる)、にとても刺激を受ける。

 

映画出演作:「弥勒MIROKU」2013林海像監督 

        少年役で初主演

        「去年の冬、きみと別れ」2018

         主人公の盲目の恋人役

TVドラマ出演作:「コウノドリ」20152017

        NHK朝の連ドラ「べっぴんさん」で主人公の

        同級生役 このドラマでブレークした。

         (20162017

       べっぴんさんは最終審査まで残ったものの

       やっぱり落ちた。

       マネージャーさんから主人公すみれ役芳根京子の

       同級生役の話があり出演することができた。

 

「恋がへたでも生きてます」2017

 

GOGOフィルムタウン2017主演北村節子役

                NHKBSプレミア


舞台出演作:「花ちりぬ」主演あきら役2011京都

         造形芸術大学にて上演

         演出は林海像

 

   「銀河鉄道の夜」2014カンパネルラ役

 

   「母に欲す」2014渋谷西武パルコ劇場にて

 

 CM出演作:もっと強く・:NTT東日本2014

       すすめメトロ・東京メトロ2016

       世界は一つになれる・ANA2017

  

1_2
2_2
3_2
4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

映画「陽だまりの彼女」松本潤の演技は最高です

監督:三木孝浩

出演:松本潤・上野樹里・北村匠海 ・葵わかな(中学時代の2人)

玉山鉄二・谷村美月・大倉孝二・菅田将暉

音楽:ビーチ・ボーイズ「素敵じゃないか」この曲最高にいいな

樹里さんの相手役は松本さんかな、大人の感じがよいです。

本作は主人公浩介役を、小学生、中学生、大人の

3人が演じている。3人が良いです。特に松潤には

驚きました。演技上手いですよ。

2013

Photo_2

Photo_4

Photo_5

北村匠海くん主演の映画「君の膵臓を食べたい」が大ヒット)下右

葵わかなさんは現在放送中の朝ドラ「わろてんか」主役のおてんちゃん役

下左

この映画から5年経ってます。現在、北村くん20歳、葵わかなさん19歳です。

役者としての成長にびっくりです。この映画にキャス.テングしてくれ

たからこそのブレークですね。

2

Photo_6

「チルソクの夏」2004 左が上野さんです。主役は真ん中の水谷さんです。美人です。

2_2

右から2人目が上野さんです

2_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき